東急電鉄のフラッグシップ・タウン「イデアリーナ」

イデアリーナ・レポート|[公式]IDEARENA[イデアリーナ]:東急電鉄

勘違いしやすい「建築条件付き」土地分譲について

2016.11.14

ブログをご覧の皆様

 

いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。
本日は、勘違いしやすい「建築条件付き」土地分譲について説明させて頂きます。

 

最近では「建築条件なし」を謳って土地分譲をしているケースも見ますので、「建築条件付き」は建物を建てる上で、規制や制限等があり自由に建物が造れないのではと思ってしまう方もいらっしゃいます。
当然「条件なし」と「条件付き」を比較をすれば、「条件付き」の方が建物を造るうえで制限がございます。では何故「建築条件付き」にしているかという事が大切になります。

 

今回イデアリーナに関しては「建築条件付き」にしている項目はmap-9
1.東急電鉄と請負契約を締結して頂く
2.外構計画は街並みに合わせて、一定のルールがございます。(例 シンボルツリーの植樹)
3.街区によっては、駐車場にオープンゲート、
シャッターゲートをつける
4.街区によって建物外観や屋根の形状等に
ルールがございます。
5.街区によっては電柱が地中化されている為、各家庭夜間は門燈をつけて頂く等が
ございます。詳細は担当スタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

「条件付き」にしている理由はイデアリーナの「景観・街並み」を守る為です。
イデアリーナは駅から徒歩圏であざみ野最大となる170区画の分譲地です。街並みを統一することで、景観が乱されることがございません。売却する際にも、統一された街並みをご覧いただければ皆様お気に召していただけるというメリットがあり売却が素早く行える可能性がございます。

map-5map-6

ご購入いただいた方も、やはりこの街並みを評価頂き購入いただいております。
皆様是非お立ち寄り頂き、実際の街並み、モデルハウスの質感等お確かめくださいませ。
皆様のご来場スタッフ一同お待ち申し上げております。