東急電鉄のフラッグシップ・タウン「イデアリーナ」

イデアリーナ・レポート|[公式]IDEARENA[イデアリーナ]:東急電鉄

★新・イデアリーナ住宅展示場 建築中レポートvol.1

2015.07.10

こんにちは。イデアリーナ・レポートにて、新シリーズ開始のお知らせです!

現在、東急多摩田園都市のフラッグシップタウン・イデアリーナにて、東急電鉄の注文住宅「アライエ」が手掛ける“イデアリーナ住宅展示場”を公開中ですが、新たにもう1棟新しい住宅展示場を建築中で、今秋にオープン予定です。

建築中の様子を、こちらでレポートしていきたいと思います。

現在の住宅展示場では「アライエ」がご提案する“リゾート邸宅”をテーマにしていますが、 今回は新たなデザインコンセプトで計画中です。今までも、条件付土地分譲で注文住宅にご興味をお持ちいただいた方に、実際のアライエの建物を見ていただくことで「イメージがわきやすい」「風が抜けて気持ちの良い空間」と大変ご好評いただいておりました。

やはり、実際の建物をご覧いただくことで、アライエのプラン力を実感していただけると思いますので、今回の新しい住宅展示場にも気合が入っています!

 

さて、第一回目の今回は、「基礎編」です。

031

こちらは「ベタ基礎」と呼ばれるもので、建物の重さや地震エネルギーを床下の基礎面全体で受け止め、より確かな強度を発揮します。 基礎立ち上がり部分はもちろん、床下全面にまで配筋を施し、厚さ150mmの土間コンクリートで施工し、建物の荷重を面で支えています。

基礎から出ている棒は「アンカーボルト」というもので、コンクリートの基礎と木材の土台を接合する為のものです。

基礎が出来上がった時点で見ると、なぜか感覚的に建物の面積がとても小さく感じられ、よくお客様に「家ってこんなに小さかったの!?大丈夫かしら?」と聞かれるのですが、大丈夫です! ここから段々、床・壁と立ち上がってくると、本来のスケール感が実感できるようになります。

 

このベタ基礎の上に、木材の土台を設置し、柱・梁・小屋組み(屋根部分)と構造部材を組み上げていきます。

031 (2)

木材と土台の間には、「基礎パッキン」を設置しています。木材の大敵である湿気がこもらないように、土間と基礎の間に換気口をつくるものです。

昔はよく、基礎に四角い穴が開いていてそこに鉄格子のようなものがついていました。映画「となりのトトロ」では、そこからまっくろくろすけが出てきていましたね。

最近では「基礎パッキン」の採用により、広範囲で均一な換気を実現しています。

 

今回の新・住宅展示場は木造「在来工法」です。

建物を壁で支える2×4(ツーバイフォー)工法に対して、主に柱や梁など軸組で支える構造で、設計の自由度の高い工法のひとつです。工法については、それぞれに利点があり、アライエではお客様のご要望やご予算に応じて、最適な工法をご提案しています。

 

次回のレポートは、木材の構造部材を組み上げる「建て方編」をお送りします。お楽しみに!

>> イデアリーナ公式サイトはこちら

>> 東急電鉄の注文住宅「アライエ」公式サイトはこちら